fc2ブログ
ホーム   »  未分類  »  横との繋がりって大事

横との繋がりって大事

更新が遅くなり申し訳ございません。
今年度から立教大学体育会卓球部主将を務めさせていただきます、3年の椎木です。実は、中学高校と主将や部長といった役職を経験したことがなく、同期がいないという孤独な状況が重なっており、かなり不安ではありますが、チームを全力で引っ張って行きたいと思います!
目標はもちろん「2部昇格、インカレ出場」です!特にインカレに関しては、去年自分が迷惑をかけてしまったので、リベンジにとても燃えています。また、リーグ戦に関しては、次の春リーグ6校とも実力がかなり均衡しています…。強豪校出身の選手が多くいる神奈川大、千葉商科大、インカレ出場経験のある獨協大、東海大、そして4部優勝、今年度創部初インカレ出場を果たした武蔵大。
周りでは死のブロックと言われています。笑
しかし、逆を言えばどこの大学が2部に上がってもおかしくないので、今回のリーグ戦はかなり勝負だと思っています!
精一杯頑張りますので応援よろしくお願いいたします!

抱負はここまでとして、最近の自分の嬉しかった出来事について述べようかと思います!

先日、リーダースキャンプという体育会行事が行われました。この行事について簡単に説明すると、各部活の主将や副将、主務といったリーダー的存在である役職をもつ選手が、山梨県の山中湖にあるホテルに集まり、3日間リーダーシップについて勉強するという行事です。この行事一見楽しそうに見えるものの、卓球バカの僕にとっては行く直前まで苦痛に感じました。まず、3日間卓球ができない…。そして、山梨県って非常に寒く、氷点下の中過ごさないといけないということです。
最初は、あまり乗り気ではなかったのですが、各部活の主将とグループディスカッションを重ねたことで、部活動を引っ張っていく上でどのような能力が必要なのか、部員をどのように導くべきなのかについて深く学ぶことができました。今までは、コロナの関係で体育会行事はほとんどが中止になってしまい、他部活との交流がほとんどなく、チームの引っ張り方が合っているのか、ここ最近ずっと不安でしたが、他部活の同期と気軽に話すことができ、団結力のあるチームにするにはどうするべきなのか、、主将同士でしか話せないことも積極的に相談できました。友人もたくさん作ることができ、このような企画を作ってくださった体育会本部には感謝しています! 
皆さんもぜひ部活だけに限らず、同期は大切にしてください!

次のブログは、柴田さんです!
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR