fc2ブログ
ホーム   »  未分類  »  『目標』を持って生活しなさい

『目標』を持って生活しなさい

皆さんお久しぶりです!4年の高橋直希です!



前回ブログでは内田くんから熱い指名を頂きました。


あいつは僕に部内戦では一度も勝つことができなかったので、指名されるのは違和感しかありませんね、、、。


同期のライバルということもあり、1年生時の春の部内戦から「千葉県自称ベスト32(内田)だけには負けたくない」と思い、めちゃくちゃ本気で試合してました。
対戦ありがとうございました(部内戦対内田:5勝0敗)。




さて、前回の内田くんも話していましたが、恐らく私も今回のブログが大学生活ラストのブログになると思います。
この4年間僕のつまらない文章を読んでいただいた方、本当にありがとうございました。見てない方も一応あざした。




歴代の先輩方や内田に倣って、今回私も4年間の総括をしていきたいと思います。毎度拙い文章になりますが、そこも暖かい目で見ていただけると幸いです。






まず、この4年間体育会卓球部として活動できたのは、監督顧問の先生方を初め、数々の素晴らしい先輩方や可愛い可愛い後輩たち、そして何よりも繋がりを強く感じた同期のみんなのおかげだと感じます。本当にありがとうございました。




私自身、正直なところ明確な目標があって卓球部に入部した訳ではありません。
小学生の頃から始めた卓球をずっと続けてきて、大学生になっても辞めるのは勿体ないぐらいの気持ちで入部しました。


大学卓球生活で自分の中では卓球に対して「絶対にこれを達成したい」と思うような目標がありませんでした。
中学や高校の時は全中出場やインターハイ出場といった、明確な目標があって、その目標達成に向けてひたすら死ぬほど卓球してきました。
しかし大学では中高に比べて常に高いモチベーションで卓球に取り組んでいたかと言われると、正直自分の中では怪しいと思います。




卓球に限らずそうですが、勉強や就活、他のスポーツでも何かしらの目標がある人の方が結果を残せてると私は思います。


私から後輩に伝えたいメッセージはとにかく残りの大学生活に何かしらの目標を設定して、全力で取り組んで欲しいと思います。目標があれば人は頑張れると思います。勉強面に関しては最低限4年間で卒業するということを目標にしてください。(特に向井と廣瀬)




私も内田と同じで、恐らく社会人になっても卓球を続けていくと思いますが、その時は大学での教訓をもとに、しっかりと目標を立てて競技に打ち込んでいきたいと思います。後輩のみんなと一緒に頑張ります(笑)




では、文章も長くなってきてしまったので、ここら辺でおしまいにしたいと思います。ただのデブが偉そうにゴチャゴチャ語ってすみませんでした。


次回のブログはもう一人の僕のである、高橋まさひろ君お願いします。
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR