fc2ブログ
ホーム   »  高橋昌弘  »  Becoming an ''upper'' class…

Becoming an ''upper'' class…

 こんにちは。新主務になりました2年の高橋昌弘です。(いい加減しつこいですね笑)最近新しいバイトを始めたため、少し慌ただしい日々を送っています。

 内田君は2年で一番、いや今や卓球部で誰よりもブログに対して無駄に熱い気合いが入ってますね。それだけならまだいいのですが……次のブログの内容まで指定してくるとはなかなかの困り者です(汗)


 現在同立戦に向けては色々と準備をしている真っ最中です。おかげさまで何度か授業を犠牲としてしまいました。アーメン。
 まだこれから消化していかなければならない事がいくつもあります。今あまり語れることもないと思いますので、またの機会に。


 さて、今回は、この前部室の主ことS藤さんと話したことを出発点にして書こうと思います。
 その時色々なことを話しましたが、中でも「もう上級生なんだよ」と言われたのが一番印象に残りました。

 代替わりして気付けば上から二学年目。春になれば先輩よりも後輩の方が多くなる。正直言って僕にはそんな実感など微塵もありませんでした。

 今までの自分を思い返せば、「卓球が上手くなりたい、強くなりたい」というざっくりとした意識を出発点とし、日々の練習で個々の課題点を改善できるよう努めていました。

 ただ、それらの意識はすべて自分に対することで、練習相手をしてたまにアドバイスをする、試合で応援をする、といった程度でしか他の部員のことをしっかりと考える機会がなかったのではないか。そう思いました。

 ですが、僕が卓球の実力以外の所で見習った部活の「空気」は間違いなく先輩方が作り出したもの(挨拶や準備、片付けなど細かな面)で、それがあるから今の僕があると言っても過言ではないと思いました。

 それを踏まえたうえで考えるなら、これからの僕や僕の代は、今や部活を「作っていく」側の人間なることでしょう。そしてその一挙手一投足が今後様々な部員に影響を与えるはずです。

 勿論これは僕一人でどうこうという問題ではありませんが、まずは自分に何ができるか、考えて行動していこうと思いました。

 

 …そんな感じです。これを読んだ部員の皆(特に同期!)さんも色々と考えてみてほしいと思いながら書きました。


 取り敢えず当面の僕の目標は同志社さん、OBの皆様に失礼のないよう同立戦をしっかりと運営すること、主務戦で自分の実力を出し切ること……
 そして、次の部内戦ではハイパー下克上するつもりなので、皆さんも負けないようにハイパーレベルアップしてハイパー底上げしていきましょう!(ここだけ頭空っぽですみません)


 次回は同期だけどある意味先輩(?)の田澤さんがめちゃくちゃ面白いブログを書いてくれるそうなのでお楽しみに!
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバック URL
' readonly="readOnly" />
このエントリーの固定リンク
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR