fc2ブログ
ホーム   »  未分類  »  臥薪嘗胆

臥薪嘗胆

  最近黒髪に戻った2年の内田です。つい最近まで茶髪だったのですが、新しいバイトの件に加えて4月から新入部員が入ってくるということで、ここで一度心を改め、誠意のある格好に戻そうと思い、黒髪に戻しました。ひと通り髪の毛をいじくってわかったことは、やはり親から授けられた純粋な黒髪が一番かっこいいということですね。というわけでその事にいち早く気づいた今の自分が一番かっこいいと思っています。しかしこういう事をブログに書くとすぐに「キモい」とか言い出してくるボキャブラリーの少ない同期の女子部員もいるので、この話はこの辺にしておきます。
  
   さて、先日春リーグが行われ、男子部は3部3位、女子部は3部2位という結果となりました。応援に来てくださった皆様にはこの場を借りて御礼申しあげます。お忙しい中、会場にお越しいただいてご声援を送ってくださり、本当にありがとうございました。
  今回の男子部の春リーグはアツい戦いの連続でした。今でも目を瞑ればあの熱気が再び呼び起こせられそうです…。 
  というわけで今回のブログでは、リーグ戦当時の会話の中で、特に印象に残っている色々な方の言葉をいくつかご紹介していきます。
  
  ①自分の試合が終わった後のOB方
お前はこれからだ
  この言葉を聞くたびに、自分の未熟さからリーグ本番で結果を出す事ができず、期待してくれる人達の声援に応えられなかった悔しさがお腹の底からこみ上げてきます。しかしその一方で、ここ最近「もう自分はここまでなのか」と半ば諦めそうになったことが度々あったのですが、こうして自分の成長をまだ期待してくれる方々がいるからこそ、なんとか下を向かずにプレーし続ける事ができるのだと思っています。
 
  ②埼玉大学戦が始まる前の後輩
自分、内田さんが勝ってるとこ見たことないです…
  練習試合を含め、今年度に入ってからまだ1年生(村井以外)の前で団体で勝っていないことに気づきました。これはなんとしても後輩の前で勝たないといけないなと奮起するきっかけとなりましたね。ただ、試合前から若干ダメージを受けたような気もします。
  
 
   ③リーグ戦終了後の同期
「お前なんで立スポの取材受けてんの?」
  
  それは別にいいじゃん。いじめか。
  
    ④集合写真のポーズ決め時の佐藤さん
「リーグで負けた数だけ指で表そうぜ(笑)」  
  両手でピースしました。いじめか。
  
   というわけで、自分個人としては0勝2敗という結果になりました。今回の春リーグ、自分としては「屈辱」の一言に尽きます。お世話になった先輩方やOBの方々、自分の勝利を願ってやまない(やまなかったらいいな)後輩達の目の前で1回も勝ち星を挙げる姿を見せられなかった屈辱、同期がチームの主力として避けられないプレッシャーの中、必死に白星を稼いでいるのに、チームに貢献できなかった屈辱、全敗なので立スポの新人記者の方がわざわざ言葉を選んで取材してくれる屈辱…
  
   ここまで悔しいと感じることから、自分のリーグ戦にかける思いがこんなにも強いんだと改めて認識させられました。
 他大学の同期も、各々のリーグで次々と初白星を挙げており、焦燥感も募る一方です。
 彼らに少しでも早く追いつけるよう、そして春リーグの悔しさを決して忘れることのないよう、練習の質を今まで以上に向上させ、次のリーグ戦までの3ヶ月間でさらなる成長を遂げてみせたいと思います。その為にも、いま私のこの拙いブログを読んでくださっている皆様のご協力も必要です。些細な点でも構わないので、改善できる部分がありましたら、どんどん指摘して頂けると幸いです!街中で自分を見かけ次第すぐさま5セットマッチを申し込むのも大歓迎です!
 
   今回も長くなってしまいましたがこの辺で終わらせていただきます。次回の担当は、最近髪も染めてウェイ化にますます磨きがかかる髙橋なおき!男女問わず学内外に幅広い交友関係を持つ彼が、男子部の中でもダントツで充実していたオフ期間の出来事を語ります!!
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR