fc2ブログ
ホーム   »  高橋昌弘  »  第71回 同立定期戦

第71回 同立定期戦

 こんにちは。第二の佐藤こと佐藤慶祐から指名を受けました、体は大学生・服装は小学生の高橋昌弘です。この前も床屋で美容師さんに素で高校生と間違われました。
……色々と頑張ります。はい。
 

 さて、我々立教卓球部は今月16,17日に、毎年恒例となっている同志社大学との定期戦を行いました。今回のブログではその同立戦について書いていこうと思います。

 今年は同志社大学での開催となったため、我々は集合時間までに、各々好きな交通手段で、好きな時間に京都に向かいました。早めに着いてゆっくりと古都の雰囲気を味わった者もいれば、行きの在来線に大きい荷物を置き忘れ慌てふためいてたT橋M弘みたいな人もいたようです。皆さん、網棚に荷物を置く際は注意しましょうね。

 初日はレセプションが開かれました。そこで我々一年を突如ある試練が襲いかかりました。なんと、恒例である一年一人ずつの自己紹介の際、必ず笑いを取らなければならない、という暗黙のルールがあったのです……!
 ですがここは流石数々の修羅場をくぐり抜けてきた立教卓球部。一時は皆緊張で固まりまくっていましたが、いざ喋る番になると皆アドリブで淀みなく会場の空気をかっさらってゆくのです。
 本番に強いとはまさにこの事でしょう。ただ一人行きの新幹線で真面目にネタを考えながら本番になって緊張で飛びまくった誰かさん通称tkmsとは大違いです。それぞれキャラが立った自己紹介をしていて、本当に一年の皆には頭が上がらないです。


(ちなみに試練はこれでは終わりませんでした)


 そして二日目はいよいよ定期戦です。やはり今年も大半の者がレベルの差を痛感させられる結果となってしまいました。ですが、これだけ高いレベルの方々と試合をさせていただくのは本当に貴重な経験でした。この試合で得たことも糧にして、2018年の立教卓球部はさらなる飛躍を目指して精進していきます! 今後ともご声援のほどよろしくお願いします。






 余談ですが、僕は帰りの新幹線でさらなる試練と出会いました。後ろの座席の活発なお子様からの容赦ない足蹴に遭い、僕は全く眠ることができませんでした。。試練は予期せぬところで突如表れる。これが今回の教訓です。以上です。


 次回のブログは部活にとどまらず勉強、バイトと充実した大学生活を過ごしておられるまさに大学生の鑑、田澤さんお願いします!
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR