FC2ブログ
ホーム   »  小島健太  »  ファッションモンスターへの道のり~完結編~

ファッションモンスターへの道のり~完結編~

どうもこんばんは。
最近筋トレに余念が無い4年の小島です。


突然ですが、皆様は立教大学と言うとどんなイメージを持ちますか?
恐らく多くの人が、お洒落を挙げるこでしょう。
そんなお洒落なイメージを持たれている立教大学ですが、相変わらずそのイメージを牽引しているのは立教卓球部と言っても過言ではありません。

かつて「チェックの魔術師」と呼ばれ、業界に衝撃を与えた高瀬先輩が引退した後も立教卓球部のファッションセンスは衰えず、むしろニューカマー達の登場で年々上昇しています。

例えば、現在2年の石瀬選手。
彼はそのファッションからエブリディカチューシャという異名を持ちます。
その理由がこちら↓

おわかり頂けましたか?彼は日常からカチューシャをファッションの一部として取り入れているのです!
女の子のみがカチューシャを着ける時代は間もなく終わりを迎えるのかもしれません!
貴方もエブリディカチューシャしてみては如何ですか?
因みに私はエブリディグリーン車が良いですね(ニッコリ)


また、現在3年の笠原も負けてはいません。
彼は歩く立教魂と呼ばれています。

このように彼は立教卓球部のユニフォームをいつも着てます。
何故なら彼は誇りたかき立教健児だから。
いつも心には立教魂。手にはラケット。服はユニフォーム。
理由は簡単。いつ試合を申し込まれてもいいように。いつでも試合を申し込めるように。
皆さん、是非彼を見たら試合(デュエル)を申し込んで上げてください!
デュエルスタンバイ!!


最後はやはりこの人。かつてパーカーの上にパーカーを合わせるダブルパーカーや前後反対のファッション通称前後不覚を生み出し、先駆者と呼ばれた水野選手は卓球でもファッションセンスでも立教卓球部のエースです。
その水野選手の最新ファッションがこちら。

なんと水野選手は遂にファッションの性別をも越えて来たのです!!
小島「それ女の子の服じゃない?」
水野「それってジェンダーじゃない?小島、おれはね、ファッションだけは、ファッションだけは皆に自由なものであって欲しいんだ。だからそもそもファッションに性別を持ち込むこと自体ナンセンスだとは思うんだ。」
ファッションとは深いですね!


立教卓球部のファッションモンスター達の冒険はまだまだ続くことでしょう。
今後も期待してて下さい!!
※この記事は全てフィクションです。3人の親御さん方変なあだ名を息子さんにつけてしまい申し訳ありません。


以上、下らないブログを小島がお送りしました。
次は先駆者の水野選手お願いします!

スポンサーサイト



コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR