fc2ブログ
ホーム   »  2024年04月
Archive | 2024年04月

お疲れさまです。文学部教育学科、新三年生の川俣隆生です。
今回は卓球部での近況報告をしたいと思います。
4月8日から約1週間、部内リーグ戦を実施しました。入部した新一年生は皆強く、思い切りのあるプレーをしており、圧倒されてしまいました。個人的な感想としては、二年生の成長が凄まじく、部内リーグ以前から、オープン戦などで結果は少しずつ出ていましたが今回で明確に表れたような気がします。昨年でのリーグ戦などの苦い記憶が成長の糧になっているのではないかと、個人的に思っています。後輩ではありますが、彼らの苦しみながらも励む姿が私自身、頑張る支えの一つでもありました。
そして部内リーグを終えた最近の練習では、先輩が新一年生に技術指導をする場面、また先輩が後輩に技術を質問する場面を目撃しました。自分の苦手な部分をさらけ出して、質問することは容易なことではありません。学年の垣根を越えて、お互いに高め合っていける環境とは、素晴らしいものだなと立教大学卓球部を通して、改めて思いました。春のリーグ戦に向けて、部の雰囲気も良くなっており、悲願の二部昇格も達成できるはずだと思っております。
監督、OB様方のお力添え、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



ブログの更新が遅くなってしまい、すみませんでした。理学部生命理学科2年の水藤です。今回は、近況報告と最近の卓球部について綴ろうと思います。

この2年の春休みはあっという間でしたが、沢山の思い出をつくることができました。一時は南国で海水浴を嗜み、片時には北国で雪に埋もれ、春休み終盤には極寒の中で合宿も行いました。やはり部活と遊びのメリハリは大事です。新2年生は卓球にとても熱心で、こちらもやる気を掻き立てられます。あまりに熱心で卓球一本になりがちなので、大学の長期休業という時間をもう少し人生経験に当ててもいいのでは?と思うこともあります。遊ぶことも大事です。
最近では新歓活動が始まり、新1年生の入部が現段階で10人程決まりました。僕が入学した時は部員が10人未満だったので、本当に恵まれた環境になっているなと痛感しています。一方で、偏りのない練習を実現させるためにも、練習内容には工夫が必要になるのかなと感じています。そこは、立教卓球部の良さである「互いに高め合う」を大切に、模索していきたいと思います。
もう春の試合もインカレ予選も近づいてきているので、目標設定とそれに向けた練習に励んで行きたいと思います。

次は、ニシノハテからトキタナオヤくんです!
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR