fc2ブログ
ホーム   »  2023年08月
Archive | 2023年08月

これからの抱負

夏休みも後半にさしかかりこれから試合も増える時期になります。新座の体育館が工事しているため練習ができない時間が多い中で部員の多くはほぼ毎日練習をしていて私もこれから追い込まなければならないという気持ちがある反面、大学に入って思ったようなプレーや練習ができなくなって卓球のモチベーションがない状況にあります。しかし、多くの方々に支えられてここまで来ているのでその方々の期待に応えなければなりません。そのためこれから追い込んで短い練習時間の中で質を求めて練習をしようと思っています。
スポンサーサイト



初めまして!

初めまして!細川くんから紹介を預かりましたスポーツウエルネス学部スポーツウエルネス学科1年の湯淺華月です!
絶賛夏休み中ですが、先日まで授業で新潟まで4泊5日のキャンプに行っていました!
都会とは離れた場所でゆったりとした時間を過ごすことができ、本当に貴重な経験になりました。
今回は初ブログということで自己紹介や目標を書いていきたいと思います!

卓球を始めたのは小学生4年生の頃で、兄が卓球のクラブチームの見学に行った際、クラブチームのコーチに勧められたのがきっかけで始めました。
中学生まではかなり頑張り、中学3年生の総体ではシングルスで関東大会に出場するまでに成長しました。また、クラブチームでも中学3年間で4回全国大会に出場し、とても充実した卓球生活を送っていました。

しかし中学受験をして中高一貫の学校に通っていたこともあり、高校では強豪校で卓球漬けの毎日!という日々を送ることはありませんでした。さらに膝の怪我も重なり、高校では納得のいく成績を残すことが出来ませんでした。それでも自分たちで練習メニューを1から作ったり、ノーシードから頑張って勝ち上がったりしたことはとても楽しかったです。

大学で卓球を続けるつもりは無かったのですが、気がついたら入部していました。
入ったからには頑張りたい!ということでこれからの目標を書いていきたいと思います。

目標は2つあります!
1つ目は「同期の女子部員を作る」です。
立教大学卓球部には1年生の女子部員が私しかいません。入部したての頃の孤独感はもうありませんが、でもやっぱり同期が欲しいです!

2つ目は「リーグ戦のシングルスで半分以上勝つ!」です。
人数の関係で5月の春リーグ戦から出場させて頂いたのですが、結果は2勝3敗でした。本当は全勝を目標にしたいのですが、中々ハードルが高いので、まずは出場したシングルスで半分以上勝つことを目標に頑張っていきたいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。強い先輩方の足をひっぱらないように自分なりに4年間精一杯頑張っていきたいと思います!
来週のブログは先日までのキャンプでとてつもない存在感を放っていた2年生の岡本夢叶さんです!キャンプ中に行ったプレゼンでは、とてもキャッチーなタイトルを考えて頂き本当に助かりました!来週のブログも是非お楽しみに~!

自己紹介と目標

初めてまして!小金井北高校卓球部絶対的エースだった判澤くんから紹介を預かりました、スポーツウエルネス学部スポーツウエルネス学科1年の細川 倖(ほそかわ こう)です!私は近畿大学附属広島高等学校福山校出身で広島からやってきた国民の応援団長の3年生山下颯之さんの後輩になります!今自分は絶賛夏休み中でたくさん書きたいことはありますが、同期に続いて自分も自己紹介と目標について語っていこうと思います。

まず、自分が卓球を始めたのは小学4年生で、きっかけは小学校で週1回あるクラブ活動で卓球を選んだことです。そこで卓球をしていくうちに、もっと強くなりたいと思い、親に頼んで家から少し離れたクラブチームに所属しました。そこで、卓球の基礎の部分を徹底的に教わりました。

しかし、そこのクラブチームで1年間卓球をしていた小学5年の時に、親の友達の息子さんが卓球をしているということを聞き、一度その練習に行ってみました。ここで、自分が卓球について1番教わったコーチに出会いました。そこのコーチに習って1年ほどたったある日、コーチから目標を考えろと言われ、自分は岡山県ベスト8という目標を立てました。当時そこまで強くなかった自分にとってとても高い目標でした。そこからコーチの指導はガラっと変わり、その目標に向かって地獄の練習が始まりました。練習は1日3時間でしたが、全て多球練習で玉拾いの時も筋トレといった休みなしで3時間ぶっ通しの練習で心身共にきつい日々でした。この時はもう卓球が大嫌いでとても辛い日々が約2年間続きました。この間に自分は中学校に入学しましたが、そこの学校は全校生徒がとても少なく卓球部がありませんでした。なので大会は個人戦だけという状況でした。中学校最初の地区大会は約1週間前に左手の薬指を骨折し、大会ではラケットが自力で握れないため、手にラケットをテーピングで固定して出場し、地区2位で県大会出場が決まりました。しかし、県大会でベスト32という自分が元々立てた目標に届きませんでした。その結果、コーチの指導はより過酷となり、今すぐにでも卓球を辞めたいと思うになりました。そして、地獄の練習を乗り越えた中学校1年生の秋大会で地区大会を優勝し、県大会では念願のベスト8を達成することができました。そこで、私は目標を達成したことで卓球に対してのモチベが完全に消え、卓球を辞めました。そして、中学の友達や兄弟の影響で中学校2年生でソフトテニス部に入部しました。そこではソフトテニスだけではなく、仲間との出会いや団体戦の楽しさなどを学び、中学校最後の大会では地区3位、県大会ベスト32ととても満足な成績を残すことができました。その時自分は高校では「卓球」の団体戦やダブルスで仲間と一緒に勝利を喜びたいと思い、高校では卓球を再びしていこうと決心し、y.y.linkという岡山では有名なクラブチームに所属しました。しかし、中学の2年間卓球の表舞台から姿を消していたため、卓球を本気でできるところはありませんでした。そんな中y.y.linkの親御さんの紹介で近大福山を知り、一度練習に行きました。そこで、近大福山の練習環境の良さや強い先輩たちに惹かれ、近大福山に入学することを決めました。
高校では毎日何時間も練習があり、基本的に自分でメニューを考えて練習することが多かったため、どうすれば今より強くなれるかを日々考えて練習に取り組むことができました。また、高校三年生ではキャプテンを任されることになり、チームをまとめる難しさなど様々なことを学ぶことができました。さらに、高校最後の県大会でインターハイ出場を達成でき、とても充実した3年間を経験できたと思いました。



最後に私は立教大学卓球部でこの世代はやばかったと言われるような世代にしたいと思っています!そのためには、自分個人だけではなく、同期や先輩方とちからを合わせ、まずはリーグ戦3部優勝2部昇格という部内全体の目標を達成したいと思っています。この目標がどれほど難しいのかはこの春のリーグ戦で分かったので、1日1日の練習有効活用していきたいと思います!



話がとても長くなりましたが読んでいただきありがとうございました!🙇‍♀️🙇‍♀️来週のブログは一年生唯一の女子部員であり、我ら同期のプリンセスである湯淺華月さんです!彼女は今女子部員募集中なので卓球部に入りたい方はぜひうちの卓球部に見学に来てください!来週のブログもお楽しみに~

~自己紹介~

初めまして!中大杉並の生きる伝説、寺島君から紹介を預かりました、スポーツウエルネス学部スポーツウエルネス学科1年の判澤悠生(はんざわ ゆうせい)です!まずは先輩方、卓球部にあたたかく迎え入れてくださりありがとうございます。自分も同期に便乗して、自己紹介とこれからの目標について語っていこうと思います。

自分が本格的に卓球を始めたのは中学1年生の秋からで、きっかけは自分の自慢のダブルスペアの山田君と同じくリオ五輪の水谷隼選手対馬龍選手の団体準決勝の試合です。それまではずっと水泳をやっていましたが、あのダイナミックでパワプルなプレーを見て卓球をやってみたいと思いました。というか、僕らの年で中学生から卓球を始めた人のきっかけはほとんどリオ五輪の水谷選手だと思います笑。中学校の部活動は活動場所が下駄箱だったため、思うように練習できず、テスト期間でも近くの公民館で部員達と夜遅くまで練習をしていました。この時はとりあえず卓球しているだけで楽しい毎日でした。

そういった中学時代を過ごして高校でも卓球をやろうと思い、都立小金井北高校に進学します。しかし!卓球部がありませんでした笑。そのため卓球部を作るのと同時に地元のクラブチームに入りました。このクラブで僕の卓球人生が大きく変わったと言っても過言ではありません。クラブの練習ではミスをするとコーチからなぜミスをしたのか毎回問われるため、とても卓球を理論的に考えてできるようになったと思います。また練習は厳しく、しんどいものが多かったため、練習についていきたい、強い選手に少しでも点が取れるようになりたい一心でほぼ毎日練習しました。当時は毎日が大変でしたが、今考えるとクラブチームでの生活は宝物のような日々でした。もう一回高校生に戻ってもっと卓球やりたいくらいです笑。結果的に卓球部を設立して公式戦にも3つ出場できて、とても充実した高校卓球でした。(部員が自分だけだったのは内緒🤫)

最後にこれからの目標です。目標としてはズバリ!リーグ戦出場です。いや目標低っ!って思われる方もいると思いますが、僕が大学受験をしようと思った1番の理由はリーグ戦に出場したいからなんです。つまり、リーグ戦に出場できないということは「僕にとって」大学に通っている意味がないと言うことになります。しかし、先日のチームカップで初めて立教大学として団体戦に出場して結果は2勝1敗でしたが、決定戦で負けてしまい、自分はまだチームの役には立たない、足を引っ張ってしまう、まだリーグ戦に出るに値しないということを気付くのと同時に、リーグ戦で戦っている先輩方、同期の偉大さを痛感しました。これからはリーグ戦に出るためにより一層邁進していきます。普段、「部活辞めます」と冗談で言っていますが、絶対に辞めません。というか辞めれません。必ずリーグ戦にでてチームの役に立ってみせます。絶対に出ます。そして立教大学の2部昇格に少しでも貢献してみせます。喜怒哀楽がハッキリしているタイプなので迷惑をかけてしまう場面がありますが、先輩方、OBOGの方々、ご指導よろしくお願いします。

長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。来週のブログは1年生ツインエースの1人、細川君です。(もう1人は本田君)彼とはほぼ寝食を共にしていますが、いつも先輩に奢ってもらいたさそうにしています笑。是非楽しみにしていてください!
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR