fc2ブログ
ホーム   »  2020年02月
Archive | 2020年02月

人生とはつなひきだ!

 こんにちは!更新が遅くなってしまってすみません。試験休みの時思いっきり受験生に間違われました、3年の高橋昌弘です。自分のことを「おじさん」「おばさん」と言い始める同世代もちらほら出てきましたが、僕も早く老いを知りたいものです(?)。

 正直のところブログのネタは全然考えていなかったんですけど、直希くんから新年の抱負をとネタ振りをしていただきました。試験休みが明け部活が再開してから一週間余り、これは卓球部の新年の幕開けと見てもよいのではないか(?)ということで、2020年気持ち新たに臨みたいと思います。そのためにも、一旦過ぎ去った事にもしっかりと目を向けたいと思います。

 僕にとって2019年は様々な世界を知ることができた、新鮮な一年でした。
 まず、とても個性的な学部・専修に移ったことで、今まで関われなかったような色々な人達と関わりを持つことができました。徴兵から復学してきた26歳の韓国人留学生や、センター試験前日に初めて小説を書いて書き上げた1年生など、とても強烈なエピソードを持っている方々がいました。個性的なのはその人のエピソードだけでなく、話をするリアルタイムにも表れます。あまりわかりやすい例が出ませんが、物の捉え方に個性があって、話してみると真新しい返答が帰ってきたりします。僕は不思議と気が合う人が多くて、新しい環境で楽しい時間を過ごせました!(具体的なエピソードは直接聞いてください。笑)

 次に、色々と縁に恵まれ、それまで皆無だった他大学の卓球の繋がりも持つこともできました。冬休みから試験休みにかけて、非公式な大会に参加したり、様々な大学の人同士で混ざって練習をするという機会も得られました。(先日の平潟杯でも混成チームを組んだり試合後に飲んだりしました🍻)良かったのは友人が増えたり普段打たない人と打てたということだけでなく、それぞれの部活のことを話して互いのカラーを知ることができた、ということにもありました。練習場所や雰囲気、引退時期や他の事との両立など、自分達にとっての「当たり前」が、他大学から見ればスゴかったり恵まれていたり独特だったりすることもあるみたいですね。

 そして、就職活動も大きな発見の場になっています。夏や秋にかけて、「取り敢えず業界地図見よ~」「取り敢えずインターン行こ~」みたいな中身のないザ・意識高い系という行動ばかりしてました。そんな形だけの動機で始めたことでしたが、意外にもその場で出会った同世代の人達から刺激を受けることが多かったのです。大学も違ければ学部も違い、性格や趣味、興味関心もコミュニティも違います。けれども僕とは全く違う立場の人からも自分を似たようなものを感じることがありますし、その反対に近い立場に属しているのに考え方はまるで違う、なんてこともあります。
 そして何よりも僕が感じたことは、自分が日頃触れている世界がどれだけ限られていて狭いものなのか、ということでした。
 例えば体育会に所属している大学生というのはやはり少数で、初めて会った人にはあれこれ説明しないとその世界観(?)は伝わりません。一方他の人達が当たり前のように共有している「サークルあるある」や「バイトあるある」みたいな話題についていけないこともあります。

 当たり前ですが、世の中には僕達の知らない、たくさんの「世界」があります。そして歳の近い大学生の間ですら、ましてや卓球をしている人達の間ですら、様々な異なる世界があります。どの世界が正しくてどの世界が間違っているとか、そんな難しいことは僕にはわかりませんが、この一年を通してはっきり感じたのは、それまで知らなかったような様々な世界を見てみることは面白い、ということです。
 僕はそれは一種の冒険みたいなものだと思っています。実際、大一の今以上に?ひょろひょろした僕が体育会に入ったのも、当時からしてみれば大きな「冒険」でした。そしてその時の僕がした選択があるからこそ、「あり得たかもしれない可能性」の一つが現実になってくれました。
 同じようにこの先にも「ある得るかもしれない可能性」はたくさんあって、それを決めていくのが今の自分の何気ない選択(!)だと思っています。
 練習メニュー一つにしても、体調管理にしても、僕達には良くも悪くも進む自由があります。こと卓球に関しては、ホントーに良い方向へと進み続けたいと思いますよ!

 ということで、これから環境が変わるということはほとんどないと思いますが、その中でも良い道への冒険を続けていきたいな、と思います。新鮮な環境で気付けた「自分」の姿を持ち帰って、それを磨き続けるというのもとても面白いことですね!
 具体的な目標については、僕は口には出さず内心でメラメラさせるキャラ(?)なので今回もそういう方向で行かせて頂きたいと思います🔥🔥

 ということで今回のブログは以上です。ちゃんと書いているようでまとまってないですね、すみません!!
 次回は女子部の新主将になった田澤さん、意気込みをお願いします!
スポンサーサイト



就活は婚活だ!

皆さんこんにちは!お久しぶりです!!週7で練習してるくせに、引退してからまったく練習していない川合さんにスコボコにされている内田くんから指名されました、髙橋なおきです!
内田くんはただ練習するだけではなく内容も考えて練習しないと意味ないよってことを私に身を呈して教えてくれてるんですね、、最高の同期です、、、。


いきなりですが、私ももうすぐ4年生ということで時の流れの速さに驚かされます。
ありきたりなやつですが、立教大学に入学したことがつい先日のような感覚あります。
部活でも自分たちが最上級生ということで、
引退した先輩方の穴を埋めれるよう、自他ともに切磋琢磨しつつ部を引っ張っていきたいと思います。
現役生活ラスト1年、頑張ります。




さて、現在巷では受験シーズンということで、内田主将や村井部長が卓球部の魅力を語ってくれたので、流されやすいことに定評のある髙橋(右利き)も卓球部の魅力を語ろうかと思います!
正直もう卓球部の魅力興味ねえよ!ってやつは我慢して見ていただけるとすっごく嬉しいです。(照)


ズバリ私の立教卓球部の入部の決め手は
自身の成長」です!!
皆さんの大学生活というと、お酒を沢山飲んだり、毎日飲み会でお酒を沢山飲んだり、友達の家に行ってお酒を沢山飲んだりと、色々な印象があるかもしれません。
無論私も大学生活を楽しみたいと考えていましたし、今でも楽しむつもりで生きています。
しかし、ただ大学生活を楽しむことだけに重きを置いて過ごしているのはとてもとっても勿体ないと私は思います。
せっかく両親がバカみたいな金額を出してくれてるので、楽しむだけでなく自身に意味のある4年間を過ごしたいと考えています。
そうです、そこで選ばれたのは体育会卓球部です。
どっかのサークルに入るというのもあったかもしれませんが、より密で濃い4年間を過ごしたいと考えた時に、やはり卓球部しかないなと思いました。
練習量も多かったり、試合も多かったりで大変ですが、その分やりがいも凄いですし、リーグ戦で勝利してチームに貢献できた時のあの喜びはサークルでは絶対に味わうことは出来ないと思います。




ちょっと話が長くなってしまって、なおかつ分かりずらい内容になってしまいましたが、大学生活を「意味のある」4年間にしたいなら絶対卓球部入った方がいいと思います!笑
他のどこでも味わえない、最高の4年間を最高のメンバーと共に過ごせることを保証しますよ!!
立教に入学する新入生の方で、もし練習に見学でも体験でも来てくれた時に、私にこのブログを見たと行ってくれればジュースなんでも奢りますよ!なので練習に来てください!!


いつもクソみたいなブログしか書かないのに、なぜ今回もクソみたいにつまらないブログを書いてしまったかというと、完全にネタ切れです。笑
最近就活ばっかで楽しいエピソードないので我慢してください。笑




さて、次回のブログはサウスポーの高橋君が新年の抱負を語るのではないかと思われるので、皆さん是非楽しみに待っていてください!!

受験は団体戦だ!

これは僕が高3の頃の話です。
隣の教室の4組(仮)は、他クラスと比べてこれといって仲が悪かったわけでもないのですが、11月を過ぎたあたりから半数以上の生徒が学校に来なくなり、みんな予備校等へ籠るようになりました。
僕の学校は「受験は団体戦だ!」信仰が学校全体に浸透している自称進学校の鑑みたいな所だったので、僕のクラスでも授業の度に先生から「あいつら終わったなー、お前らのクラスは4組みたいになるなよ(笑)」とかめっちゃ煽られていました。
しかし御察しの通り、最終的に旧帝大や早慶上智といったトップ合格者を一番出していたのは何を隠そう4組でした。
先生方は卒業式の日、「お前らなら受かるって信じてたぞ!」とか勝手に感動していましたが、「4組みたいにはなるなよ(笑)」とか言ってた人達の台詞とは到底思えませんでした。あの時の先生方の掌返しは今でも忘れられません。


そんな事もあったわけですが、それでも母校の進路指導部はいまだに「受験は団体戦だ!」とかほざいているのでしょうか。自称進学校の悲しき宿命ですね。そういえば僕も3年前筑●大学に落ちたような気がしますがおそらく虚偽記憶でしょう。 ちゃんと第一志望の立教に受かってよかった!!
さて、昔話はこの辺にしておきましょう。


ご紹介が遅くなりました。
テスト期間でもテスト余裕すぎて週7で練習して就活もしているハイパー高スペック主将の内田です。余裕なのは"普段からちゃんと勉強しているから"ということを卓球部の皆様には知ってほしいですね。ちなみに同じ学科の後輩は試験直前になってから焦り出して、ぼくに対策ノートの写メを要求してきます。果たして彼は大学の学びをなんだと思っているのでしょうか。ちゃんと部活だけじゃなくて勉強も頑張ってる同期の村井くんや吉田くんとそういうとこで差がつくんだぞ!


試験といえば、立教大学は現在入試期間ということで、受験生の皆様はラストスパートにむけて日夜奮闘していることと存じます!
このブログを受験直前に読んでいる受験生はさっさと閉じて参考書を開きましょう(最後まで諦めずに頑張れ!)、受験が終わってからこの記事の続きを読んで頂けると幸いです。


というわけで、今回のブログのテーマは『卓球部の宣伝』です!


今このブログを読んでいる、卓球部の活動に興味のある高校生の皆様へ、、


立教卓球部は男女問わず、新入部員を大募集しています!!!
◯卓球部の活動に興味があるけど、活動内容でホームページを見ただけではわからない点がある…
◯大学でも部活で卓球を続けようか迷ってるけど、
・週5で新座キャンパスまで行くのはキツい…
・規定練習日にもバイトを入れないと生計を立てられない…
・学科の勉強が忙しそうだから部活に集中できるかわからない… etc


こういった方々は是非、悩む前にとりあえず卓球部へメールを送ってみて下さい。部員が随時相談に応じます!
何度でも言います!
悩む前にまずメール!!     
悩む前にまずメール!!!
(男子部→z4000091@rikkyo.ac.jp
女子部→sp.w.ttc@gmail.com)


また、この春休み期間に一度、卓球部の練習に参加してみませんか?百聞は一見にしかず、部の雰囲気を知るには実際に練習に参加してみるのが一番手っ取り早いと思います!事前に連絡さえ頂ければ、いつでも大歓迎です!!


 めいっぱい競技に打ち込むことが出来るのは、大学がラストチャンスです。
 一度きりのキャンパスライフ、後悔しないように自分のやりたいことを見つけて、4年間を充実させるためにも、少しでも卓球部に興味を持ったのであれば
即行動あるのみです!!!!

 
 …
ということで、本当は卓球部への入部を考えている方々へ、もっともっと卓球部の魅力を語りたいところですが、また大長編ブログになってしまいそうなので今回はこの辺で終わらせて頂きます。最後までお付き合い頂きありがとうございました!
次回のブログは小学校の頃から埼玉県の卓球界隈のトップで戦い続け、大学でも入部当初からチームを引っ張ってきた大黒柱マン髙橋なおきくん!就活でも存分に活かされている彼の巧みな話術で、立教卓球部の魅力を存分に語ってくれることでしょう!!
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR