FC2ブログ
ホーム   »  笠原彰太
Category | 笠原彰太

しゅラストブログ

読者の皆さんこんばんは!
8回目の登場になります笠原です。

突然ですが
4年生でオーストラリアのケアンズという所に3泊5日で卒業旅行に行ってきました!
人生初の海外ということもあって、終始テンション上がりっぱなしでした🇦🇺


立教卓球部のブログを書くのもこれが最後かと思うと、感極まって目からうどんが出てきそうです。

私は1年生の頃から当ブログの主を務めさせていただきました。当時はあまり更新されていませんでしたが、OB様や外部の方、大学でも卓球を続けたいと考える高校生に卓球部の活動の様子を知ってもらおうと一念発起をし、現役部員が週1回ブログを更新するのが通例となりました。

krswさんをはじめ先輩方に
(https://m.youtube.com/channel/UC-BeKSI6mZ9xQ6rucoapr-g
チャンネル登録お願いします!)
投稿を催促するラインを送っていた頃がとても懐かしいです。
うるさい後輩で申し訳ありませんでしたw

自分から新しいブログの主を指名することはしませんが、後輩たちにはこのブログの存在意義を見失わず、これから先もずっと記事を投稿し続けてほしいと思います。


さて、本題に入ります。
ラストブログということで
何を書こうかと悩みましたが
最後は真面目な話をしようかなと。

私がどんな思いでこの4年間
卓球をしてきたのか
改まって周囲に伝える機会は
なかったように感じるので
この場を借りて書いてみようと思います。
長くなりますが、お付き合いください


そもそも
なぜ私が大学でも卓球を続けようと思ったかというと
・大学で卓球を続ける高校の先輩の影響
・花形である関東学生リーグへの憧れ

この2つに加えて、
大学の体育会に入ってまでスポーツを続ける人間は本当にやる気のある人間しかいないだろう、
その価値観を共有できる人間と一緒に卓球がしたいと考えたからです。

空白の1年間を経て
立教卓球部に入部した私でしたが、
「部内戦最下位」になり
いきなり大学卓球の洗礼を浴びました。
ブランク(浪人時代も週1では卓球してた)を考えても、この結果はあまりにも屈辱的なものでした。

逆にいえば、自分の実力より上しかいない環境であったことで、部内で倒すべき相手の目標設定がしやすかったのは確かでした。


とはいえ、レギュラーになれる上位6人に入るのは全く簡単なことではなく、
4年生が抜けたかと思えば
新入生が入ってきたり、
イギリス帰りの先輩が現れてレギュラーの座をさらっていったりとなかなか試合に出る実力も機会もありませんでした。

特に印象的なのは
2年春の部内戦。
結果は連戦連敗、
家で1人大号泣したのを
昨日のことのように覚えています。

そこからは本当に意識が変わって、
習慣も変わって、
徐々に結果もついてくるようになっていって、
レギュラーの座を掴んだときは
本当に嬉しかったです。


試合に出られない期間が長かったことで
出られない選手の気持ちが
分かるようになりましたし、

レギュラーになったことで
試合に出る選手が背負っていた
重圧や責任の重さが
分かるようになりました。

この経験は主将を務める上でも
非常に役に立ちました。

ただ漠然と強くなってリーグ戦に出て
勝ちたいと思っていた私に
練習に対する義務感が芽生えたのもこの頃からだと思います。

チームメイトからすれば
私は心底卓球が好きで
練習が大好きな人間に見えたかもしれません。

ですが、本当はそんなことなくて
気分が乗らずに
今日はこれで練習をやめようとか
筋トレしなくていいやとか
妥協しそうになった日もこの4年間の中で
少なからずありました。

そんな時に自分を駆り立ててくれたのは
負けることに対する悔しさと
部員たちが作ってくれた
「笠原」という
概念のような存在が大きかったです。

部員が思う笠原はもっと練習するはず、
ストイックになれるはずだと考えれば
自然と力が湧いてきて
もう一踏ん張りすることができました。
修羅と呼んでくれてありがとう。


人間、終わりが見えると頑張れてしまう
生き物です。

だからこそ大切なのは
先が見えず行き詰まったときに
近くはない将来を見据えてどれだけ自分に
厳しくできるかだと思います。


こんな偉そうなことをツラツラと書いていますが、
勿論、
私よりも努力できる人間が
たくさんいることは分かっています。
もっと努力の質が高い人がいることも。

私が努力したと思ったことを
当然のようにこなせる人もいます。

努力に絶対値はなくて、周囲との比較による相対値しかありません。

だから私は
努力している自分が好きな私を捨てました。

そうすることで
自己満足で終わることは絶対ないと
思ったからです。


4年間を振り返ると
自分が望むような結果が残せたのはわずかでした。もどかしい思いをすることのほうが圧倒的に多くて、もっと勝ってチームに貢献したかったというのが本音です。

それでも、
私がここまで熱くなることができたのは
立教大学卓球部が自分の大学生活のすべてを
捧げてもいいと思える場所であり、
そう思わせてくれる仲間がいたからです。

私ひとりでは絶対に前に進めませんでした。

心から信頼できる先輩、
超がつくほど個性的な同期、
私を慕ってくれる後輩がいて、
彼らと過ごしたこの4年間は本当に濃くて
これから先も色褪せることはないと思います。

月並みな言葉にはなりますが、
充実した時間をありがとうございました!
悔いはありません。

以上、笠原のラストブログでした。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

次回は、指名自分で石瀬お願いします
スポンサーサイト



僕は立教の勝利を信じてやまない。

こんばんは!お久しぶりです、4年生になりました笠原です。
ブログ止めてしまってすいませんでした(T_T)筋トレします💪
僕より田舎者の新入生が3人も入部し、自分のアイデンティティが失われて悲しい今日この頃です。
前回も前々回も就活の話が出てましたが、自分の場合、
就活自体はそれほど苦ではありません!(実際しんどい)
毎日新しい人と会えるし、都内の色々なとこ行けるし…刺激的な日々です
今日は築地で海鮮丼たべました😊

でも1つだけ辛いことがあります。
それは毎日部活に行けないことです。
当たり前に部活に行って練習して、
居残り練習して、部活終わりに飲んで遊んで、また練習して…
そんな日常が恋しいです。
ですが、就活と部活の両方をやりきることが、自己成長に繋がると信じ、
残り1カ月就活のほうにも更に本腰を入れてやっていきたいと思います。
さて。
いよいよ明日から春季リーグ戦です。
立教はここ数年間、春リーグで結果を残せていません、
ですが、この春に結果を残すことが、今後のチームの勢いにも直結すると思います。
選手として、主将として
立教の勝利に貢献できるように
一戦一戦、一球一球に集中してプレーしていきます。
そして、今回も川名がリーグ戦モチベーションビデオを作ってくれました!

高まりますね🔥🔥🔥(佐藤のシーン多くね?笑)
このようにレギュラーもサポートも一致団結して
劣勢の時こそ前を向いて戦えるチームでありたいと思います。
僕は立教の勝利を信じてやみません。
最後になりましたが、
卓球部の諸先輩方をはじめ、父兄や関係者の方々の皆さんの応援は、いつも本当に力になっています。
今回は男女同日開催ということもあり、応援に来るのが難しいかと思われますが、
熱い試合をお届けしますので、ぜひ会場に足を運んで応援して頂けると幸いです。
次回からは1年生にブログを回してもらいます!
トップバッターは
チャラついてるけど、チャラくなりきれない内田お願いします😎😎

オフ期間&秋季女子リーグ1日目

ブログの読者の皆様ご無沙汰してます、ポジティブ週間奨励中、ブログの主の笠原です😅
久々のブログ更新なので長文になりそうな予感がしますがお許しください


先週の葭原のブログにもあったように、秋リーグをもちまして4年生が引退され、代替わりとなりついに私たちの学年が最上級生となる時が来てしまいました(゜ロ゜;


同期を見ると、前田は「おれっち先輩いなくなったし、気つかわなくてすむ~✨」と、今になって4年生との間にあった距離を急速に詰めていますし、大和田は今年も4年生の引退スピーチで号泣、これからは後輩たちに得意のリアクション芸を披露しつつ、威厳のある先輩になるという難題を自らに課したようです。


同期がこんなかんじなので
自分が主将を務めることになりました!(1年前から決まっていましたが笑)
今年は立教大学体育会卓球部創部100周年という部にとって節目の年なので、その名に恥じない主将としてチームを牽引していきたいと思っております。何卒宜しくお願いします
選手としては残り1年、絶対に後悔のないように限界に挑戦していく所存であります。



さて、今回のブログは男子のオフ期間と先日行われた女子リーグについて書きたいと思います!


リーグ戦が終わったあとは1週間のオフが与えられるのですが、今回はまだ夏休み中ということもあり、それぞれ部員たちは思い思いのオフを過ごしていました\(^^)/



例えば、…
水野さん、佐藤、葭原の3人は1泊2日で箱根へ温泉旅行に行っていたそうです♨

似合ってますねぇ(・_・)



大和田や1年の島村はオフ期間中4日くらい卓球をしてたみたいです笑
ほんま卓球好きやなぁ



私も今回のオフ期間は予定びっしりで満喫しました(^-^)

リーグ戦の次の日から参加したゼミ合宿では湯河原に行き、おいしい料理と温泉を堪能し、ゼミ生との交流も深めることができました❗


その後は、実家のある香川に帰省して家族や地元の友人たちとご飯を食べに行ったり、高校の部活に参加したりと久々の帰省を楽しみました🐤

今回の帰省では3軒しかうどん屋に行けませんでしたが、香川に来た際には私が高校時代によく行っていた「麺や」のうどんをおすすめします🍜




石瀬のオフ期間が気になるという方も多いと思いますが、男子のオフ期間の過ごし方についてはこのあたりにしまして、、
9月18日(日)に文教大学で行われた秋季女子リーグ1日目について書きたいと思います💪



#雰囲気イケメン


ここからは普段お世話になっている立スポ風に試合のレポートをしてみます笑!



リーグ戦は6校の総当たり形式で行われる。
3部2位校として迎えるリーグ戦、1日目は東海大学と、文教大学と対戦した。


第一試合の東海大学は春リーグでも対戦し、勝利している相手。勝って勢いをつけたい立大。



1番で舘森(コ・1)が相手のエースに接戦の末、3-1で勝利を収め、流れを立教にもってくるが、2番藤本(文・1)はカットマンのカットの変化に苦しみ惜敗する。1-1となり、登場した松浦(観・4)・舘森のダブルスはブロックが
冴え2セットを先取するも、3セット目をデュースで落とすとそこから相手の思いきりの良いプレーが目立ち始め2セット連取され逆転負けをしてしまう。
団体スコア1-2。勝負は4番、5番に委ねられる。


あとの無くなった立大は4番の主将松浦と5番の水上(文・2)が2台進行でコートに入る。4番松浦は主将の意地を見せ、要所でのバックハンドが決まり、フルセットで相手を下す。5番水上は、緊張からか持ち味の攻撃的なプレーが影をひそめ、相手に先手をとられる展開が多く惜敗。
団体スコア2-3で黒星スタートとなった。



予想以上に書くのが疲れたのでここからは普通に書きます💦
立スポの人の大変さが少し分かりました(*_*)
いつもありがとうございます。


2試合目は文教大学と対戦しました。

男子の応援にも熱が入ります😳




文教大学は3位校ながら、人数が多く、一人ひとりの技術も高い印象を受けました。
団体としては1-3で敗れてしまいましたが、ダブルスを3-0でとれたことは次につながると感じました。




初日2敗してしまいましたが、2日目の残り3試合の結果次第で順位も大きく変わってくるので、女子部のみなさんには25日の最後まで全力でやりきってほしいです。



男子も明日からオフ期間が明け、新体制となって練習が再開するので、まずは身近な目標をたててそこに向けて練習していきたいと思います。


練習に参加したいという外部の方や立教に興味のある高校生がいましたら誰でも気軽に
メールやTwitterから連絡ください!
部員一同お待ちしております。



次のブログは
大和田選手おねがいしますm(__)m

練習ときどき試合

立教卓球部ブログ読者のみなさんお久しぶりです。
松岡修造をリスペクトしている2年の笠原です🐤

ブログを書くのが約半年ぶりとかなので軽く近況報告しますと、
私笠原、昨年10月より部長を務めることになりました💦
実質的に部の運営を担うことになり、中高と部長の経験のない自分には不慣れなことも多いですが、空回りせず3部優勝を目指せるチームを主将の水野さんと共に作っていきたいと思っています。
OB.OGの皆様には暖かい目で見守って頂けると幸いですm(__)m


はい、私の近況報告はこのへんにしまして
最近の卓球部の様子をお伝えしようと思います!


まず、2月20日に千葉大学で交流戦が行われました(^^)

試合形式は4単1複の団体戦で、立教からは1チームが出場しました!


結果は…

1勝1敗で予選リーグ敗退(・・;)

と残念な結果に終わりました。。

勝ちたかったですね😣


普通の試合ならここで帰り支度をして、帰途に着くわけですが、
この交流戦の良いところは試合が終わったあとも台を解放してくれて、
自由に申し込み試合ができるとこなんです!

私も色々な大学の人と試合して
気づけば10試合とかやってましたww

埼玉から千葉は遠かったですが、いい経験ができたので行って良かったです!



2月27日には、関東学院大学主催の平潟杯に参加してきました(^-^)

四国出身の私からすれば、関学と言えば関西学院大学を思い浮かべますが、関東だと関東学院大学がメジャーなんですよね💨




平潟杯はダブルスとシングルスの個人戦


まずはダブルスから!


注目は、夏合宿の悪夢が記憶に新しい金子.松井ペア⚠


二人のプレーが絶妙にかみ合い
なんと!公式戦初勝利を果たしました(^o^)

すいません、勝ったとこ見てませんでした…(^_^;)



そしてそして、、

数々の強豪を撃破し、優勝したのは
立教の水野.佐藤ペア!✨



このペアはラリー力高いっすね…息ぴったり
普段同じ布団で寝ているからでしょうか、笑


私のダブルスも準決勝で水野.佐藤ペアにとばされました(T-T)
まあパートナーのおかげで3位入賞できたので感謝してます(・∀・)



続いてシングルス!

私はカットマンの選手と当たり、初戦敗退でした……
もっとカット打ち上手くなります😠


シングルスはベスト8に4年生の黒澤さんと
1年の佐藤が入りました!!


黒澤さんは相変わらずThe安定の卓球でした。

佐藤はカット打ち上手くなったな。


※写真は老かいなドライブを放つ佐藤


そして
シングルス優勝は、

我らが立教のエース水野選手でした!




途中フルセットになる試合もありましたが、
固いブロックと、厳しいコース取りで相手を圧倒。

これでダブルスとシングルスの2冠を達成しました✨


いやーさすがですね(^^)v
近いうちに足元をすくいたいと思います笑


交流戦を主催してくれた千葉大学、平潟杯を主催してくれた関東学院大学のみなさん本当にありがとうございました❗


このように立教卓球部は希望者でオープン戦や対外試合に積極的に参加しています。

卓球を通して人とのつながりができるのもいいところですよね

新入生のみなさんも卓球部に入って一緒に試合に出ましょう!


大学で部活に入って卓球を続けるか迷ってる新入生もいると思います。

そんな方はぜひこの立教卓球部ブログの神回と呼ばれるこの回(2015/4/9)を読んでみてください

http://spttc.blog60.fc2.com/blog-entry-84.html


きっと立教卓球部の良さが伝わるはずです(^o^)

少しでも興味のある方はぜひ一度見学に来てみてください👍




次回のブログは、近頃「カットマ」から「カットマン」に進化しつつある大和田選手お願いしますm(__)m



テスト

こんばんは!
先週前田くんから雑な紹介を受けた笠原です


最近はテスト期間のため部活がなくて、
ブログのほうも書くネタがないですね…

ここ2週のブログなんて好きなアプリの紹介とかファミレスの話とかしててカオスな状況になってます笑

卓球部関係ないやん!
って思わずツッコミたくなりましたが

それもおもしろいので良いと思います。


この流れに便乗してちょっとだけドラマの話をさせてもらいます

僕はドラマがけっこう好きで多いときだと1クールに6,7個は見てるんですけど
個人的に今クール注目のドラマをあげるとすれば

・リスクの神様
・デスノート
・ナポレオンの村
・初森べマーズ
…etc

こんなかんじです

それぞれについて書いてしまうと長くなってしまいそうなので、
この辺でやめときます(^o^;)

暇な時間があれば読者のみなさんにもぜひ視聴してほしいです!



さてさて、

話を変えてテストの話を少ししたいと思います。


「社学は楽でしょ、息してれば単位くるっしょ」みたいな

ことをよく言われますが、

ほんとそんなことないです(´・ω・`)

僕も1年のとき息だけしてたら
単位落ちてました。

「勉強は計画的に」ですね。。


立教卓球部でみると
テスト期間一番たいへんそうなのは
法学部☆

あずみのさんは壊れかけの腰をさらに破壊してるし、
松井さんは人間は何日までなら徹夜できるかの記録に挑戦してしまうくらい
追い詰められるのが法学部だそうです。


そのぶん普段の授業は、出席したいときだけ出席すればいい魔法の学部なので

ふだんはゆったりして定期的に追い込まれたい

みたいな願望がある人にはおすすめの学部ですw


理学部もきつそうですね

まぁ佐藤見ても参考にはなりませんが…



文学部と新座の3つの学部は夏休み入るのが早いイメージです(うらやましい)


立教には10個の学部があるので、受験生のみなさんは
自分の興味のある学部を見つけて、
立教を志望校のひとつとして考えてもらえたら嬉しいです!


夏にはオープンキャンパスも予定されてるので足を運んでみてください(^^)


もちろん、部活のほうも、受験生に限らず、立教の練習を見てみたい、練習に参加してみたいという方がいれば
ぜひぜひホームページのアドレス等から
連絡をください!
一緒に卓球しましょう(^∇^)


自分もテスト後は、全日学予選やチームカップにむけて練習を積んでいきたいと思います。




さて、次回のブログは
もう夏休みに突入してそうな同期の橋本おねがいします

プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR