FC2ブログ
ホーム   »  高橋昌弘
Category | 高橋昌弘

人間万事塞翁が馬

 読者様各位

 お世話になっております。立教大学卓球部3年、主務を務めております高橋昌弘と申します。この度は、同期の高橋直希から指名を頂いたことを大変光栄に思い、ブログを書かせて頂きます。何卒宜しくお願い致します。


 ……疲れるのでこの辺にします。役職に就いて早くも半年が経ちました。おかげ様で、だいぶすらすらと適した敬語が出てくるようになりました。これが将来何かの役に立てばいいな、と思いますね。
 大学は来週からいよいよテスト期間で、卓球部としてはしばらくの間オフ期間です。正直ほとんどの部員としばらく顔を合わせられていませんが、皆必死に勉強やレポートに向き合っていると思います。自分自身も頑張りつつ、陰ながら応援しています!!
 ということで、卓球部に直接関わることでお話することがないので、恐縮ながら自分の話をしたいと思います。

 部員はもうほとんど皆知っていることですが、転部試験を経て、三年次から学部が変わりました。テスト100%地獄の法学部からレポート地獄の文学部への移動です。2年までにとった28もの単位が闇に葬り去られ、これをとらないと卒業できないという2年次演習と3年次演習を同時履修する日々……。正直めちゃくちゃキツいです(汗)。よっぽど頑張りたい人でないと転部はしない方がいいと思います! 断言します! まあ僕は精神的ドM(?)なので、バック回り込み飛びつきの多球練(最近やってない……)やるみたいな感覚で嬉々として受け入れています。今何よりもキツいのは、学術的なしっかりとしたレポートを今まで書いたことが無きに等しかったので、めちゃくちゃ時間を食ってしまうということですね。あ、そろそろレポートを書かなきゃいけない時間が近付いてきたので、ここから先は練習も兼ねてレポートみたいな風に文章を書いていきます。

 では、ここから今年度に入って私が最も感銘を受けたことについて述べてゆく。文学部教授K(2019)は、高校までと大学の学びの違いについて、「答えが決まっているか決まっていないか」と非常に簡潔にまとめた。私が驚かされたのは、Kが「今後の人生においても、答えが決まる『問題』などあるだろうか(いや、ない。)」と華麗な反語で続けたことだ。これには思わずペンを持つ手の震えが止まらなかった。
 私自身に於いても、その時点で学部を変えたことに正解、不正解といった二元論的な答えを下すことができなかったからだ。翻ってみれば卓球部に入部したこと、主務になったこと、教職を辞めて一般企業に進路を絞ったこと、どれ一つとってもそこにあるのは「現時点」での満足、後悔という一時的な感情に過ぎないのではないだろうか。「人生の一瞬一瞬は、すべて選択の連続である」(S,2019)という考えもある。それらすべてに正解、不正解という判断を下すことなど果たしてできるのだろうか。
 K(2019)は大学で得られる知識について「応用の利く知識」と述べた。答えの決まらない選択を迫られた際、周りに流されずに自分の考えを持って決断するということは、今後の人生で多いに活きることではないだろうか。


 はい、引用に乗っかてて独自の考えがほとんどない。レポートだったらよくてCですね~(笑)いいウォーミングアップになったのでこれからしっかりとレポートに取り組みます!(シラフです) あと今日は前期納会もあるので、楽しみたいと思います!!
 という訳で終わります。次回はいつも元気な田澤ありっさんお願いします!
スポンサーサイト



Becoming an ''upper'' class…

 こんにちは。新主務になりました2年の高橋昌弘です。(いい加減しつこいですね笑)最近新しいバイトを始めたため、少し慌ただしい日々を送っています。

 内田君は2年で一番、いや今や卓球部で誰よりもブログに対して無駄に熱い気合いが入ってますね。それだけならまだいいのですが……次のブログの内容まで指定してくるとはなかなかの困り者です(汗)


 現在同立戦に向けては色々と準備をしている真っ最中です。おかげさまで何度か授業を犠牲としてしまいました。アーメン。
 まだこれから消化していかなければならない事がいくつもあります。今あまり語れることもないと思いますので、またの機会に。


 さて、今回は、この前部室の主ことS藤さんと話したことを出発点にして書こうと思います。
 その時色々なことを話しましたが、中でも「もう上級生なんだよ」と言われたのが一番印象に残りました。

 代替わりして気付けば上から二学年目。春になれば先輩よりも後輩の方が多くなる。正直言って僕にはそんな実感など微塵もありませんでした。

 今までの自分を思い返せば、「卓球が上手くなりたい、強くなりたい」というざっくりとした意識を出発点とし、日々の練習で個々の課題点を改善できるよう努めていました。

 ただ、それらの意識はすべて自分に対することで、練習相手をしてたまにアドバイスをする、試合で応援をする、といった程度でしか他の部員のことをしっかりと考える機会がなかったのではないか。そう思いました。

 ですが、僕が卓球の実力以外の所で見習った部活の「空気」は間違いなく先輩方が作り出したもの(挨拶や準備、片付けなど細かな面)で、それがあるから今の僕があると言っても過言ではないと思いました。

 それを踏まえたうえで考えるなら、これからの僕や僕の代は、今や部活を「作っていく」側の人間なることでしょう。そしてその一挙手一投足が今後様々な部員に影響を与えるはずです。

 勿論これは僕一人でどうこうという問題ではありませんが、まずは自分に何ができるか、考えて行動していこうと思いました。

 

 …そんな感じです。これを読んだ部員の皆(特に同期!)さんも色々と考えてみてほしいと思いながら書きました。


 取り敢えず当面の僕の目標は同志社さん、OBの皆様に失礼のないよう同立戦をしっかりと運営すること、主務戦で自分の実力を出し切ること……
 そして、次の部内戦ではハイパー下克上するつもりなので、皆さんも負けないようにハイパーレベルアップしてハイパー底上げしていきましょう!(ここだけ頭空っぽですみません)


 次回は同期だけどある意味先輩(?)の田澤さんがめちゃくちゃ面白いブログを書いてくれるそうなのでお楽しみに!

球拾いマスターへの道 (第一章)

 こんにちは、持ちネタ必殺技はタランチュラの高橋昌弘です。時が流れるのは早いもので、ついこの前入学したばかりのつもりがもう2年です。本当にあっという間だな、と日々実感しております。
 必殺技についてですが、バトルものの漫画やアニメなどでも、主人公の必殺技はやたらめったには使えないことが多いですよね。あれと同じだと思ってほしいです。多くとも年に2,3回程度しか使えない、そんな技なので、新ネタ技の発表もその時をお待ちください。

 さて、今回僕は特に面白いネタも持っていないため、先日ある一人の卓人とした会話をドキュメンタリー方式でお送りすることにします。


 彼が日々誰よりも勤しんでいるのは他でもない、球拾いだ。球拾いなんて誰でもできる、そう思う人も少なくない。確かにそうかもしれない。だが、一人前の球拾いになるのは一朝一夕では成し得ない、と彼は語る。
 自分が球拾いになった時、まず目をつけるのは全体像、だそうだ。どの辺りにボールが多く転がっているのか、どのカゴのボールが少ないか。それを瞬時に判断し、動き出す。何事も一歩目から。目的は、どのカゴにも均等にボールを配分すること。彼曰く、ボールが集まりやすい場所は決まって体育館の隅。そこに行けば多くのボールを回収できることが多い。
 だが、そこに多くボールが転がっているからといって、その近くの台に供給するなどという短絡的なことがあってはならない、と彼は声を荒立てる。球拾いの使命は、あくまでも均等な配分。各所のカゴを確認し、より不足しているポイントへ供給する。そのためには、集めたボールを複数のポイントに分配するというテクニックも鍵になってくる。
勿論、ボールを入れに行くタイミングも肝心だ。特に台間が狭い場所では、プレーが止まってからボールを入れに行く。入れるや否や、反復横跳びの要領で飛び退く。飛びつきにも勝るとも劣らない速さでだ。
 何故そこまで熱意を燃やすのか、その問いかけに対し彼は、自分が練習してるとき、環境が整っていた方が良いに決まってる。とだけ述べ、それ以上は語らなかった。
 彼の目は、3か月後の関東学生球拾いリーグ戦を見据えていた……。


 彼の熱意は伝わったでしょうか。ボールがしっかり用意されることは、練習するうえで大切ですね。僕も彼の熱意を汲み取り、秋には少しでも上のランクに行けるように頑張っていきます!

次回は筋トレ女王田澤さんが筋トレの極意を教えてくれることでしょう。乞うご期待です!

第71回 同立定期戦

 こんにちは。第二の佐藤こと佐藤慶祐から指名を受けました、体は大学生・服装は小学生の高橋昌弘です。この前も床屋で美容師さんに素で高校生と間違われました。
……色々と頑張ります。はい。
 

 さて、我々立教卓球部は今月16,17日に、毎年恒例となっている同志社大学との定期戦を行いました。今回のブログではその同立戦について書いていこうと思います。

 今年は同志社大学での開催となったため、我々は集合時間までに、各々好きな交通手段で、好きな時間に京都に向かいました。早めに着いてゆっくりと古都の雰囲気を味わった者もいれば、行きの在来線に大きい荷物を置き忘れ慌てふためいてたT橋M弘みたいな人もいたようです。皆さん、網棚に荷物を置く際は注意しましょうね。

 初日はレセプションが開かれました。そこで我々一年を突如ある試練が襲いかかりました。なんと、恒例である一年一人ずつの自己紹介の際、必ず笑いを取らなければならない、という暗黙のルールがあったのです……!
 ですがここは流石数々の修羅場をくぐり抜けてきた立教卓球部。一時は皆緊張で固まりまくっていましたが、いざ喋る番になると皆アドリブで淀みなく会場の空気をかっさらってゆくのです。
 本番に強いとはまさにこの事でしょう。ただ一人行きの新幹線で真面目にネタを考えながら本番になって緊張で飛びまくった誰かさん通称tkmsとは大違いです。それぞれキャラが立った自己紹介をしていて、本当に一年の皆には頭が上がらないです。


(ちなみに試練はこれでは終わりませんでした)


 そして二日目はいよいよ定期戦です。やはり今年も大半の者がレベルの差を痛感させられる結果となってしまいました。ですが、これだけ高いレベルの方々と試合をさせていただくのは本当に貴重な経験でした。この試合で得たことも糧にして、2018年の立教卓球部はさらなる飛躍を目指して精進していきます! 今後ともご声援のほどよろしくお願いします。






 余談ですが、僕は帰りの新幹線でさらなる試練と出会いました。後ろの座席の活発なお子様からの容赦ない足蹴に遭い、僕は全く眠ることができませんでした。。試練は予期せぬところで突如表れる。これが今回の教訓です。以上です。


 次回のブログは部活にとどまらず勉強、バイトと充実した大学生活を過ごしておられるまさに大学生の鑑、田澤さんお願いします!

体育会に入るということ

はじめまして。ご紹介に預かりました「じゃない方」の高橋こと法学部政治学科一年、完成形は水谷隼の高橋昌弘と申します。
立教卓球部にもう一人高橋がいるということを大学卓球界に知らしめるためにも、今後とも頑張っていきたいと思います。
某SNSの経験か、文章を書くのは割と好きなので張り切っていきます。
以上合わせてよろしくお願いします。


実は僕は大学に入るまで、卓球部はおろか運動部に所属していた経験がたったの二年間だけなんです! 今回は挨拶代わりにそんな運動経験の浅い僕が何故体育会に入部したのか簡単に紹介していこうと思います。
まず第一に、高校二年間の経験で大して自分の腕を伸ばすことができず、不完全燃焼のまま高校の部活を引退せざるを得なかったことがあります。大学が決まった時点で、どんな形であれ絶対に卓球はやりたい、と思っていました。
そして、数ある選択肢のうちから体育会卓球部を選んだ理由としては、やはり憧れがあったのでしょうか。
僕の高校の卓球部は、練習日は隔日の週三日。メリハリのない練習、部長の指示を聞かない一部の後輩……。なにかと緩い部活でした。
勿論、緩い部活にもよさはありますが、そのような環境で自分の腕を伸ばせなかったからこそ、体育会というしっかりとした環境への憧れは強かったのです。
そんな、なんとも短絡的な理由で卓球部への入部を決めた僕ですが、個々人のレベルの高さもさることながら、練習時の空気?にまずは驚かされました。
(当たり前のことですが)挨拶や練習中の声だしなど、それまで僕が知っていた環境とは大いに異なるものでした。まだ完全についていけてないところもあるので、今後とも必死に食らいついていきます。
そして部員皆さんの仲の良さ、練習時とのメリハリにもびっくりしました。高校時代、一部の仲間以外とはほとんど関わりを持たなかった自分が、人それぞれの接し方ではありますが皆さんから受け入れられていることに感謝しています。(実に様々な接し方がありますが笑)
実際に入部して感じたこととして、本当に真剣に競技に打ち込めるということが体育会、そして立教卓球部の一番の良さではないでしょうか。僕も日々多くのことを学ばされ、学ぶように努めています。
今後とも頑張っていきましょう!!


固い&駄文になってすみません。楽しい話題は後続の一年生に任せるとして。。。
ということで、次回は趣味が卓球という卓球大好きっ子田澤さんお願いします。
お粗末様でした。
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR