FC2ブログ
ホーム   »  向井拓実
Category | 向井拓実

テスト直前

こんにちは、向井です。
さて、いよいよですね。全立教大学生を恐怖のどん底に叩き込む悪魔、すなわちテストです。
もうね、アレですよ。辛いですよ。面倒くさいですよ。なぜこれをやらなければならないのかと小学生の頃から毎テストごとに思っていました。しかしながら時間というものは決して止まらないもので、いよいよ明日からテスト本番が始まります。まあ、他の学部ではもう既にテスト始まってるところもあるようですが。個人的には「このブログ書いてる暇もないんじゃないの?」と思うくらいには切羽詰まっています。時間巻き戻んないかな…
せっかくですので卓球のことも少し。1月13日に行われた墨田区オープンに参加し、予選リーグ1勝2敗でした。試合になると緊張して手が震えたり、頭が真っ白になったり、力んだりして普段通りの卓球ができないことが毎回の課題です。佐藤さんからは「ボールを切りに行き過ぎ」と言われました。確かに切ろう切ろうとしてミスが出ていることが多いです。ただ、このさじ加減が難しく、中途半端に切れば相手は楽ですし、ナックルだとバレればスマッシュが。ブチ切れカットが切り過ぎて相手コートに入らない。………難しいっす。
新年会では秋リーグまでにレギュラーに入ると宣言したので、出来るように努力して行きたいです。少しずつでも前へ進めばそれだけ夢に近づけます。これからも応援、ご協力お願いします。
さて、自分はテスト勉強に戻ります。明日雪で学校に行けないくらい積もってくれないかな…
次回は復活する男、卓球部のムードメーカー吉本、お願いします。
スポンサーサイト



ご挨拶

ご紹介に預かりました、現代心理学部、心理学科1年の向井拓実です。戦型はカット、裏粒です。
別に廣瀬が言うようにイケメンじゃないので悪しからず。
さて、みなさん知っているか知らないかわかりませんが、僕はちょっとだけ遅れて卓球部に入部しました。そこで、なぜ僕が遅れて入部したのか、時間を4月に戻して説明しますか。
4月に新入生として立教大学に入学した僕の目の前にはバラ色のキャンパスライフへの道がありました。部活、サークル選びは慎重にならなければいけない。僕が目をつけたのは卓球部とアメフト部でした。アメフトには憧れがあって、卓球には経験がありました。
悩み続けるうちに5月になり、卓球部に入る決心がつきました。しかしながら、5月頭は地元、愛知から友達が1週間泊まりにくる。さすがに家を空けるわけにはいかない。1週間後、入部したいと連絡を入れると、なんとリーグ戦間近でそれどころではないという。迷惑はかけられない。僕は1週間待ち、また連絡すると今度は部活が1週間オフ。このような出来事が重なって5月半ばに入部するという奇妙なことが起こったわけです。
練習についても少し。カットマンは人数が少なく、僕を含めて2人なので、自分がうまくならないといけません。これからも精進していきたいと思います。ループ処理とかレシーブとか特に。
長くなりました。今回はご挨拶ということで、出血大サービスです。それでは、また次回更新時にお会いしましょう。
次はムードメーカーであり、教えるのがすごく上手なスロット大好き人間、吉本、お願いします。
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR