FC2ブログ
ホーム   »  水野純樹
Category | 水野純樹

どうも、元祖ファッションモンスター4年の水野です。
ファッションは時代の先を読み取って常に先手先手で挑戦し続けなければいけません。
最近では、ファッション界に新たな風を吹き込もうと「OKINAWAスタイル」を取り入れています。
説明するより見たほうが早いでしょう。


まず表面
無題2
小さくて見えづらいかもしれませんが右上に「一球入魂」と書いてあります。やはり卓人たる者、どんな時に試合を申し込まれても一球目から集中できるようにしとく必要がありますからね。その点このファッションはスポーツマン、特に球技をしている人に是非取り入れてほしいですね。
この格好をしている自分を見かけたらポケモンと同じ要領でその場で試合しましょう。


次に裏面
無題
「将来大物」 
なんてかっこいい響きなんでしょう!
ただ大物になれなかったらみじめです。つまりこの服は将来大物になるために日頃から努力することを覚悟した者にしか着れない服なのです。


他にも水野流ファッションを紹介したいところですが、それはネットでは魅力を紹介しきれないのでまたの機会で。

「服の組み合わせ方が分からない…」「ファッションで自分を表現したい!」といった高校生諸君、立教大学卓球部には日本の将来を背負うファッションモンスターが沢山いるので、話を聞きます!そして練習にも参加しよう!
(卓球の話が出てこなくてすみません…)

では次は月曜日に「PRISONスタイル」を着こなしていた松浦さんお願いします。




スポンサーサイト



秋リーグ

こんにちは!新主将になりました三年の水野です。

ご存知の方もいると思いますが、先日関東学生リーグ戦が行われました。会場に足を運んで応援していただいたOBの方々、保護者の方々、ありがとうございました。
結果は3位ということで、残念ながらチームとして目標にしていた優勝には届きませんでした。しかし、春リーグのときと比べると上位チームにも肉薄することができ、一人一人が現在の状態でできることは最大限にできたのではないかと思います。
また、今回を持ちまして四年生は引退という形になりました。今の四年生とは学年が近いということもあり、一年生の時から本当に仲良くさせていただきました。部活内でのことはもちろんの事、モダンパスタでフードファイトをやったり、ボードゲームで夜中やり続けたりといった思い出がたくさんあります。
正直、自分は大学に入る前は大学ではもう卓球はやらなくていいかなとか思っていたのですが、こうゆう素晴らしい先輩とつながることができたということだけで、卓球を続けてよかったと思うし、自分自身が更に強くなって負けないようにし、このチームで勝ちたいと思うようになりました。
四年生は本当にお疲れ様でした。
ただ、卓球に呪われてる人達なので引退後もオープン戦にでて勝つために練習に週5で来るそうなので休む暇もないかもしれませんね。
これからも後輩の壁となって立ちふさがりに来てください!
022.jpg




そしてこれからは笠原と自分の2人を中心に部を支えていくことになりましたので、みなさま暖かく見守っていただけると幸いです。

リーグ戦初勝利をあげた笠原
023.jpg

伝説のボードゲーム

こんにちは、三年の水野です。
今日は一部の立教大学卓球部員に熱狂的に支持されている伝説のボードゲーム、「カタン」について紹介したいと思い感じます。

このボードゲームは無人島を開拓していって一定の点数を一番早く集めた人が勝利するという一見どこにでもありそうなゲームなのです。


こんな感じ


そのせいか、始める前は「クソゲークソゲー」と言っていた人達もルールを覚えると大和田以外はこのゲームの虜になってしまいました。大和田は根本的にこのゲームのセンスがないようです。残念。

阿部さんは10戦ぐらいするが未だに0勝、この記録はいつまでのびるでしょうか。

笠原は「買っちゃいましたよ」と僕が持っているのと全く同じカタンを買う始末。他のゲーム買えば良かったのに…

佐藤は数学の小テスト前日であろうと積極的にカタンに参加してます。おそらく彼の頭の中では「カタン>単位」の図式が成り立っているに違いありません。留年しない程度でな。


ちなみに僕はずば抜けて勝率がいいため、「カタン神」という異名までつけられてしまいました。早く僕を倒す猛者が現れてほしいです(∀)

こんな感じで部活以外の時にも部員同士で遊んだりしております。


では次は立教スポーツデビュー、果敢に攻めた小島君お願いします。



2年生になって

こんにちは。安澄野に速くブログを書くよう急かした新2年の水野です。
前のブログではふざけた内容(?)を書いたので今日は真面目な内容を書きたいと思います。


 もう大学に入学してから1年も経ったと考えると本当に月日が経つのは速いなと感じます。ちょっと前に初めてスーツを着て、家族に似合わないといわれてたのが昨日のことのように思えます。こんな調子だと一瞬で大学生活が終わってしまいそうなので、一日一日を大切にしなきゃなと思う今日このごろです。個人的には今年でTOIECの点数をできるだけ伸ばしたいと考えています。だけどおそらく勉強のやる気がずっとは続かないと思うので、もし自分に会ったら「TOIEC頑張れよ」とけしかけてくれるとうれしいです。

 部活には新入生も何人か入ってくれてとても良い刺激を与えてくれているので、これからは中堅学年として立教卓球部をよりよくしていけるように頑張っていきたいと思います。


 さて話は変わりますが、卓球というスポーツは台にボールを入れないと勝てないスポーツだということに最近になって気づきました。「そんなの当たり前だろ」とツッコミたくなる人もいると思いますが、今までの自分はチャンスではないボールを全力で打ってミスをしたり、ミスをしたらすぐにフォームを気にし、台にボールを入れる執着心が薄かったように思えます。そのため、調子の上がり下がりが激しく、安定したプレーができていなかったように感じられます。しかし、春合宿を通して「ボールをとにかく台に収める」と意識してからは凡ミスが格段に減り、練習やオープン戦でも手ごたえを感じています。これからリーグ戦や関東新人といった重要な大会がわんさかありますが、このことを忘れずに自分が納得した結果を残せればなと思います。

とりあえず今日はこれで失礼します。
次はまっつーこと女子卓球部の松浦さんがブログを書きます。
楽しみにお待ちください!

ファッションモンスターへの道のり

こんにちは。一年生の水野です。文章能力がやばいですが、最後まで読んでもらえると嬉しいです。



突然ですが、ファッションって本当に難しいと思いません?

何万とある服から相性がいい服を選び、なおかつ季節等も配慮しないといけないんですよ。


僕は高校卒業までジャージしか着ていなかった人間でした。

ファッションのことについて無知だったし、服なんて体を暖めるものだけのものだとずっと思ってました。

なので春休みに大学に練習に来た時はパーカーの上にチェックのTシャツを着るという斬新な(笑)格好をしたりしてました。

そこで先輩(特に加藤さん)にズタズタになるまでバカにされたのは言うまでもありません(^_^;)


しかし、ここで初めて気づいたのです。「ファッションは大学生活の柱になる」と。


ここから僕は急激な成長を見せます(元がゼロなため)。


まずは乗口さんと小島に服を選んでもらい、その時にスキニーとデニムの名称を覚えました。

また、スキニーは僕には似合わない(モデル体型(笑)の僕が着ると、アンガールズ田中の気持ち悪くなったばんになってしまう)ことも分かりました。


大学では通り過ぎる大学生を見ながら、どんな格好をしているのかを学びます。


そのかいあってか、最近では、「水野、ファッションよくなってきてるんじゃん」と褒めてくれる人がぼちぼち現れました。これはもう最高の褒め言葉です。


しかし、ここで自惚れずにさらに精進していきたいと思います。




今の目標は加藤さんに服装を褒められることです。

まだ加藤さんにはバカにされたことしかないからです(笑)

そして最終的には、立教卓球部のファッションモンスターとして君臨したいと思います!




ファッションモンスターに、俺はなる!

以上です。
プロフィール

立教大学体育会卓球部

Author:立教大学体育会卓球部
立教大学体育会卓球部のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR